緊急時の資金調達に役に立つ資金サポート

これでもう安心!資金確保するならこのサービスを使え!

資金サポートってどんなサービス?

スタートアップ企業と言うのは、新しくビジネスモデルを開発する企業で、創業から2~3年ほどの企業を指します。 まだ知名度が低く、融資を受けにくいと言われていますが、どのような資金サポートを利用するべきでしょうか?方法だけではなく、ポイントも説明しています。 もっと読む

スタートアップ企業の資金サポート

起業すると言っても、単に法人登録をすれば良いのではなく、製品の仕入れや人材の確保、事務所の創立などやる事は多々あります。それに比例して資金確保が必要になり、時には数千万円の費用を確保しなければならないケースもあります。しかも会社を運用している間は、常に一定の資金が必要ですし事業の状況によっては緊急でまとまったお金が必要になる事もあります。売掛金や自己資本を使って資金確保出来れば良いのですが、そうは行きません。
そんな時に資金サポートを利用するのですが、そのサービスにもいくつか種類があったり、展開している事業の大きさによって向き・不向きもあったりします。ここでは資金サポートの概要を説明するだけでは無く、展開している事業に合ったサービスも紹介していきます。
ちなみに資金調達は大きく分けると2種類あり、一つは先程話した個人資本、そしてもう一つが他人資本です。個人資本は株主が出資した資本金や繰り越し損益、売掛金を指します。個人資本が十分であれば借入をする必要は無いので、資金サポートを受ける必要もありません。
他人資本は今から説明する資本サポートの総称で、様々な企業やサービスがあります。事業の規模やスタイルによって利用出来る資本サポートが限られている事もありますので、やみくもに利用するのでは無くまずは正しい知識を身に付ける必要があります。
今回はスタートアップ起業、ベンチャー・中小企業、スモールビジネスに分けて説明しています。

おすすめリンク

ベンチャー・中小企業の資金サポート

ベンチャー企業や中小企業はスタートアップ企業よりも知名度がありますが、まだまだ財政的に苦しいケースもあります。 そんな企業にぴったりの資金サポートを公開しています。ちなみにベンチャー企業と言うのは新たな取り組みを輩出している企業の事を指しています。 もっと読む

スモールビジネスの資金サポート

1~10人程度で行う事業をスモールビジネスと呼び、個人経営の飲食店やサービスなどが含まれます。 スモールビジネスはベンチャーやスタートアップ起業よりも、手軽に出来る事業ですがこの場合は資金サポートを受ける事が出来るのでしょうか?そのポイントを説明しています。 もっと読む